30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

人生を変えるには、能力を底上げするんじゃなくって、普段の行いを変える方が手っ取り早いんだよって話

ぼくは思うのだけれども、人間の能力って個人個人で上限が決まっていて、そんなに大きく伸びない。

ぼくの周りの人は誰もハッキリと口に出してはいないけど、やっぱり人には能力差がある。コミュニケーション能力が高いやつは生まれつき高いし、低いやつ(俺のこと)はどんだけ頑張ってもコミュニケーション能力を高めることはできない。

ここでいうコミュニケーション能力は、相手の言わんとしていることを瞬時に察して、求められている行動を適切に取る能力のことだ。

特に日本の企業で仕事をする上ではこれが求められる。

あと、実際に仕事をしていて思うのだが、いわゆる書店で売られている「論理的思考力」とか「雑談力」とか「マーケティング」なんてのはまったくもって無意味である。

こんな本を読んで頑張っているおれ、かっこいい。という自己満で終わり。

あの手の本を読んで、少しでも仕事ができるようになった人がいるというなら、おれの前に連れてきてほしい。

そんなもの読まなくたって、仕事ができる人は最初から仕事ができるし、そーでないやつはいつまでたっても仕事ができない。

その辺の話はまた今度書こうか。

今回はもっと希望に溢れた話。

人生の変え方についてだ。

変え方っていっても、自分の満足度を上げるための方法であって、仕事の能力を劇的にあげて、周囲の評価を変えるような方法では決してない。そんなものあるんなら教えてほしいものだ。

なぜなら人間の能力は生まれたときから決まっており、口下手なやつは一生口下手だし、頭悪いやつは一生頭悪いから。職場の評価なんて変わらないから。できないやつはどこに行ってもできないから。

じゃあ、人生を変えるためには何をすればいいのか。

答えはシンプル。

普段の行動を変えるのだ。

具体的な中身はまた明日。

おしまい。

 

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)