読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

書評

【書評】言ってはいけない 残酷すぎる真実 橘玲

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) 作者: 橘玲 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/04/15 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 所長がおすすめしていたので、買って読んでみました。 本屋の新書コーナーでも上位にランクインして…

【書評】本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2015/12/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ホリエモンこと堀江貴文さんの新著ですね。 書いてあることは、今まで堀江さんが…

【400字書評】現代アート経済学

現代アート経済学 (光文社新書) 作者: 宮津大輔 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2014/07/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る これ、前も紹介したっけ? この本は、市場経済の中で、アートがどういった役割を果たしているのか?を、きちんと…

【400字書評】戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ

戦略プロフェッショナル シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫) 作者: 三枝匡 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2012/10/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 元ボストン・コンサルティング・グループのコンサルで、内…

【書評】胸がキュンキュン。「恋染紅葉」はジャンプ史上稀に見る純愛マンガ

「ぼくは愛を証明しようと思う」(通称「ぼく愛」)が純度200%の恋愛小説だとしたら、こちらは純度100%の青春恋愛マンガだ。 ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/07/24 メディア: Kindle版…

【書評】「反原発」の不都合な真実を読んで。放射性廃棄物について思うところを書いてみた。

「反原発」の不都合な真実(新潮新書) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/08/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る その専門は金融で、そして世界の最新の金融情報をぼくら一般人に分かりやすく丁寧に、そしてときに小気味…

【書評】ワカコ酒 同じ飲んべえでも、厳密に言うと違うんだからね!勘違いしないでよね!!

最近ワカコ酒という漫画にハマっている。 ワカコ酒 1巻 作者: 新久千映 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ 発売日: 2015/06/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る どんな漫画なのかというと、26歳妙齢女子の村崎ワカコ…

【書評】「闇金ウシジマくん」が怖すぎるのに面白くて困る

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス) 作者: 真鍋昌平 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2004/07/30 メディア: コミック 購入: 10人 クリック: 646回 この商品を含むブログ (214件) を見る 今年はちきりんさんのソーシャルブックリーディング参加ならず。 …

解決策は、知恵をつけ、団結することだ。人材派遣業界の闇を砕くためにできること

過去記事は下記。 ・苛烈な価格競争が一番の問題 人材派遣業界が陥った構造的なワナとは? ・派遣業界の仕組みについて、ちょっとまとめてみた。 久々に下記本の感想です。 中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 (講談社現代新書) 作者: 中沢彰吾 出版社/メ…

【書評?】狐野扶実子様の「世界出張料理人」が面白い

世界出張料理人 (角川書店単行本) 作者: 狐野扶実子 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2014/03/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 前回のブログで「出張料理人」なる単語を使ったんだけど、その単語のインプット先は、この本だ…

色んなことが、沸々と【書評】伊藤洋志氏「ナリワイをつくる」を読んで

ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方 作者: 伊藤洋志 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2014/03/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 何年も前に知り合いから紹介されて、この本の著者が主催する「ナリワイを作る」という自由大…

【書評】pha氏「持たない幸福論」を読んで

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎単行本) 作者: pha 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2015/05/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る ネット界隈では割と有名なphaさんの本を久々に本屋で見つ…

【書評】藤沢数希氏「ぼくは愛を証明しようと思う。」にみる「勝てる」ビジネスの見つけ方

最近どうも更新が滞ってしまい、これじゃあ何の為にアウトプットの場を設けたのか本末転倒な感じになってきてしまったので、とりあえず更新回数を増やそうと思います。 具体的には、あまり肩肘張らない小出しのアウトプットを増やし(2年くらい前のエントリ…

苛烈な価格競争が一番の問題 人材派遣業界が陥った構造的なワナとは?

中高年ブラック派遣 人材派遣業界の闇 (講談社現代新書) 作者: 中沢彰吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/05/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 人材派遣業界の構造的な問題を、理論(法律や歴史)と実践(著者自身が実際に派…

【書評】川上 量生 著「コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと」を読んで考えたこと

昨日お酒を飲んでしまったので、今日はもちろん飲みません。 「記憶は人為的に書き換えられる」富山大学大学院教授・井ノ口馨が語る 「脳のしくみ」と「記憶」と「自我」前編1/4 | ホリエモンドットコム とはいえこちらの対談を読んで(もちろんメルマガでより濃い…

【書評?】「日経競争地図」を読んで。個人的に期待しているのは、鉄に代わる素材かなあ

ブログ自体も久々なんですが、今日は久しぶりに最近読んだ本の感想をば。 自分にとっても、読者にとってもあまり有益じゃないかもだけど、最近ブログの更新が滞り気味だから、何でも書こうという訳でございます。いやあ、未熟。 さてさて、先週の花金に(あ…

【書評】専門的な知識だけが求められてるものじゃない「外資系投資銀行のエクセル仕事術」

前々から気になっていた本を、先日やっと読み終わりました。 ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術???数字力が一気に高まる基本スキル 作者: 熊野整 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/02/20 メディア:…

外国語を勉強するには、面白い本を読むのが一番良いね。「LEAN IN」を読んで

Lean In: Women, Work, and the Will to Lead 作者: Sheryl Sandberg 出版社/メーカー: Knopf 発売日: 2013/03/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る ちょっと英語の勉強もかねて、LEAN INを読み始めた。 読む前は社会的に成功した女性…

【書評】ちきりん「マーケット感覚を身につけよう」

マーケット感覚を身につけよう 作者: ちきりん 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/02/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ちきりんさんの新刊が先週末にでたので、週末に一気に読みました。非常にためになる内容だったので、ブロ…

【書評】日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 その1.

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2012/09/01 メディア: Kindle版 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 最近藤沢数希さんにドハマり中です。 さて、今回から上記…

【書評】糸井重里さん×早野龍五さん「知ろうとすること。」を読んで

知ろうとすること。 (新潮文庫) 作者: 早野龍五,糸井重里 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/09/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (12件) を見る 糸井重里さんの本は何気に初めて。 この本は2011年の東日本大震災で起きた福島第一原発の事故につ…

【書評】やりなおす経済史を読んで その2.

やりなおす経済史 作者: 蔭山克秀 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/10/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 選挙ですね。 今回の選挙は今ひとつ国民の関心が盛り上がらないそうですが、だからこそ、きちんと各党の公約を見極め…

【書評】やりなおす経済史を読んで その1.

やりなおす経済史 作者: 蔭山克秀 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2014/10/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 面白い本だったので、じっくりアウトプットして自分のモノにしたいと思います。 ヨーロッパも日本も、かつては封建制…

【書評】ちきりん「多眼思考」を読んで

多眼思考 作者: ちきりん 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2014/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本日発売ということで、会社帰りにさっそく買って、今読んでいる途中。 とても面白いんだけど、今回は本の内容というよりも、何で自…

伊坂幸太郎さんの小説を買った

PK (講談社文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/11/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 伊坂幸太郎さんてちょっと前からファンになって、文庫作品は大体読んでいるんだけど、今日久々に文庫本を本屋で見つけまし…

【書評】外資系金融の終わり

外資系金融の終わり 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/03/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 日本を代表するメルマガ「恋愛工学」の著者が去年の春先に出した、外資系金融業界の内部事情を暴露したことで話題に…

数学と信仰の不思議な関係

マンガ コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし (中公新書ラクレ) 作者: タテノカズヒロ 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/08/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 先日ブログで紹介させてもらった「コサイン…

あけてしまったパンドラの箱をどうやって活用するのか

(043)もう国家はいらない (ポプラ新書) 作者: 田原総一朗,堀江貴文 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2014/10/02 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ホリエモンこと堀江貴文さんと、田原総一郎さんの対談集。 この二人の対談は他の本でも…

理系も良かったかなあ、、、数学の話が面白くなってきた今日この頃

マンガ コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし (中公新書ラクレ) 作者: タテノカズヒロ 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/08/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本が面白すぎなのでブログでご紹介。 …

ぼんやりとした夢や目標だと、何にも行動に移せないし、それだと結局何もかわらない

カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話 作者: 木暮太一 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2014/01/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 経済学には「有効需要」というものがあるそうです。 これは現実的に購買することができる需要…

今日を精一杯頑張らなければならないということ

カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話 作者: 木暮太一 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2014/01/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 明日から頑張れば良い、と言っていては、いつまでたってもその明日はやってこない。 頑張るべ…

何これ便利過ぎる「kindle.amazon.co.jp」

イケダハヤトの書評記事の書き方を公開します : まだ東京で消耗してるの? 上記記事を読んで。 Amazon Kindle: Home というサイトが紹介されていたのですが、こんなサイトがあったのですね。 このサイト、Kindleで自分がハイライトした部分を表示することが…

【書評】「あなたはネットワークを理解していますか?」を読んで その0

あなたはネットワークを理解していますか? インターネット時代に欠かせない根っこの知識が確実に身につく! (サイエンス・アイ新書) 作者: 梅津信幸 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2014/03/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る…

読んだ本の内容を忘れない為に僕がしていること

再読のススメ - 脱社畜ブログ 上記のブログを読んで思ったことをば。 小説ならともかく、新書やその他ビジネス書、ノンフィクションを読んでせっかく得た知識がほとんど消失してしまうのもったいないのではないか、ということ。それは確かにその通りだと思う…

【書評】嫌われる勇気 が素晴らしく感動した

嫌われる勇気 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (13件) を見る アドラー心理学の根本を哲人と青年の対話形式で分かりやすくまとめた本。 最近ベストセラーになっていて…

【書評】池上彰の読書論「学び続ける力」を読んで

学び続ける力 (講談社現代新書) 作者: 池上彰 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/01/18 メディア: Kindle版 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (15件) を見る 池上彰さんの本は、分かりやすくてよく読むんだけれど、彼の本でブログを書こう…

【書評】ちきりん「世界を歩いて考えよう」を読んで

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫) 作者: ちきりん 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2013/05/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (4件) を見る 文庫本になったとちきりんさん本人のブログで知り、そういや最近自分もこの本を…

【書評】東 浩紀「弱いつながり」を読んで 

弱いつながり 検索ワードを探す旅 posted with ヨメレバ 東 浩紀 幻冬舎 2014-07-24 人間は環境に強く影響される存在で、例えば東大に入りたいと思ったら、必死に勉強したり、良い参考書を探したり、良い予備校に通うよりも、東大合格者を毎年多数排出してい…

やっぱり「学歴」って大切なのかなあ、という話

だから日本はズレている (新潮新書 566) posted with ヨメレバ 古市 憲寿 新潮社 2014-04-17 またまた古市憲寿さんの新書より、興味深かった議論の感想を。 今回は巷で大流行の学歴論争について。 ■「学歴」は大切か? なんだかんだ言って、学歴は大切である…

別に企業に評価されなくたっていいんじゃないの?

だから日本はズレている (新潮新書 566) posted with ヨメレバ 古市 憲寿 新潮社 2014-04-17 以前勤めていた会社で採用活動のサポートをしたことがあるんだけど、その時に感じたのが「なんで自分たちってこんなに偉そうなんだろう」ということ。 面接に来る…

【書評】「リアルタイムメディアが動かす社会」その1.八木啓代氏

リアルタイムメディアが動かす社会 市民運動・世論形成・ジャーナリズムの新たな地平 作者: 八木啓代,常岡浩介,上杉隆,岩上安身,すがやみつる,渋井哲也,郷原信郎,津田大介 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2014/03/28 メディア: Kindle版 この商品を含む…

「美術の物語」を読む!

今日フラッとブックオフに立ち寄ったら、前々から買おうと思っていたE.H.ゴンブリッチの「美術の物語」が300円ちょっとで売っていて、即買いしちゃいました。 これからじっくりと読む予定ですが、いやあ、良い買い物したわ。 僕が本を買う基準はいくつかあ…

【書評】5日間で「自分の考え」をつくる本

「声に出して読みたい日本語」などの著作で知られる明治大学の齋藤 孝先生の本。 これからの時代を生きるには、人から言われたことを素直にこなすだけではなく、自分で考えて、行動することが大事だよ、ということを説いた本。もうそんな本ばっかりでんがな…

ソーシャルメディアでの情報発信の心得

今回も津田大介さんの「ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す」から考えたことをば。 ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書) 作者: 津田大介 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/02/07 メディア: Kindl…

「ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す」を読んで情報リテラシーの鍛え方

前回に引き続き、津田大介さんの著書から。 ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書) 作者: 津田大介 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014/02/07 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見…

「ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す」を読んで 〜電子書籍について〜

津田大介さんの著書を読んで、考えさせられたトピックスをいくつかに分けてエントリに書こうと思います。 ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術 (PHPビジネス新書) 作者: 津田大介 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2014…