読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

年収が300万円未満の正社員のリアル

かなりネガティブな記事だから、書こうかどうか迷ったけど、やっぱり書きます。
一つの問題提起として。

今年の春に30歳になった私は、この年になるまで年収が300万円を超えたことが無い。
結論から言うと、年収が300万円未満の生活は、とても苦しい。

お給料はほぼ全て生活費に当てられる。
それでもカツカツで、例えばネットで話題の家電を買ったり、連休にどこかに旅行に出かけたり、服を買うことも満足に出来ない。

もちろん彼女なんて出来る訳もない(30歳を過ぎて、1度も恋愛をしたことが無い。まあ、それはまた別の機会に書きましょう)。

あと意外にキツいのが、税金。
年を取るごとに住民税は上がっていき、手取りがどんどん減っていく。

そんな生活を、大学卒業してから、30歳まで続けてご覧なさいよ。

けっこう精神がやられてくる。

想像してください。周りの友人・知人たちが、休日に旅行に行ったり、舞台にいったり、コンサートに行ったりした話をただただ羨ましそうに聞くことしかできない自分を。大学時代の友人からの旅行の誘いを、(本当はお金がないから行けないのに)仕事が忙しくて行けないと嘘をついて)断らなければならない自分の姿を。

お金が全てじゃないってのは分かる。
でも、お金ってとっても大事。

これは、声を大にして主張したい。
何かを考えたり、新しいことを始める為には、どうしたってお金が必要。

結構今年収が300万に満たない20代、30代の若者が、けっこうたくさんいるらしい。
でも、僕の周りには、男の子・女の子含めて、あまりそういう人はいない。

そのことが原因で、それまで仲良くしていた友人達、自分のことを大切に思ってくれている友人達に会いたくなくなったりもした。段々話が合わなくなってくるんだよね。

その1つのボーダーが、300万円。
年収が低いことは、それだけでコンプレックスになる。

そしてそれは、自分では気づかないほど、自分の精神を蝕む。
大切な友人達を失ってしまうほどに。

僕がこの記事で伝えたいのは、それでも決して人生を諦めちゃいけないし、自分を卑下しちゃいけないよということ。

僕も今、満足のいく給料をもらえているかと言ったら、全然そんなことはない。
やっと年収300万円の壁をちょっとこえることが出来た程度。仕事内容も雑用中心だ。

世間的にみれば、30代にさしかかった男性としては、あまりに低レベルだ。
でもね、もう諦めないことにした。

それで何かが変わる訳じゃない。
これから先も、一生年収300万前後をうろちょろしているだけかもしれない。
彼女も出来ないかもしれないし、旅行いったりも出来ないかもしれない。

でも、自分は自分だ。
絶対にネガティブになっちゃいけない。
なんでかって?

友達が、いなくなるから。

僕は危ないところで気づいた。
すんでのところで、立ち直ることが出来た。

まあ、愛想を尽かした人もいるけど。
でも、全てを失うことだけはさけることが出来た。

いや、これは冗談じゃなくて、本当の話だ。お金もなくて、恋愛もしたことなくて、友達もいなくなったら、もう生きていけないよ?

そして、年収300万円未満がずっと続くと、本当に心が病んでくるし、自分でもびっくりするくらいネガティブな自分が顔を出す。でもそれはあなたの心が弱いからじゃなくって、人間なら誰でもそうなってしまう。

そうなったときに、思い出して欲しい。
あなたがあなたのことを卑下することは、あなたが思っている以上にあなたのことを大切に思っている人たちを傷つけてしまうということに。

「年収が低いからって、お前俺のことバカにしてるんだろ?」と、卑屈な目で自分の友人をみないでください。そいうい目で友人をみるということは、その友人のことをバカにすることなんですよ。そんなこと続けていたら、本当に取り返しがつかないことになってしまいます。

大丈夫。僕だって年収300万前後だ。彼女だって出来たこと無い。

でも、そこそこ楽しくやっているよ。人生は、そんなに悪くない。