読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

英語を進んで学ぶ必要は無い 必要に迫られれば勝手に学べる、という話

働き方 IT

ホリエモンチャンネル面白くて最近よく見るんだけど、上記動画がためになったのでシェア。

 

この動画は、ホリエモンこと堀江貴文さんが、自身のメルマガの人気コーナーQ&Aから、面白いと思った質問をピックアップし、その質問に対してゲストとともにより深く答えるというもの。

 

この動画では「英語の勉強ってやっぱり必要??」というメルマガ読者からの質問に答えたものだ。

 

堀江さんの結論は「必要になったら覚えられるから、無理して覚える必要は無い」というもの。確かにグローバル化が叫ばれて久しい世の中、英語くらいできないとダメだよね、ということはいろんなところで言われている。

 

でも、僕も含めてそのことを実感している人はそんなに多くないんじゃないかと思う。一つには日本という国の持つユニークさがあるんだろうけど、よくよく考えてみれば、堀江さんのいうように、そのへんのおっちゃんでも英語をしゃべれる人はいるわけだから、案外必要になったらしゃべれるようになるんだろうなと思いました。そんなにハードな壁は英会話に存在しない、というのが結論である。

 

だってそうだよな。自分の回りみてみても、英語しゃべれる人が自分より遥かに頭のいい人かっていうとそんなことは無い。ようは訓練と場数で、誰でも英語はしゃべれるようになるのだ。

 

だから、強迫観念にかられて「英語勉強しなきゃ!」なんて思う必要は全くなくって、それよりも自分の心に正直になって、やりたいことに全力で取り組んだ方が絶対に良い。その過程で、どうしても必要になったなら、そのとき初めて英語を学べば良いじゃないか。そのときは強迫観念にかられること無く、楽しんで英語を学ぶことがきっとできるだろう。

 

だから、おいどんも英語の勉強はしない。それよりも今、やりたいことを全力でやろうと思いました。

 

いやあ、気が楽になるわ。DVDも出たみたいだし、これは買わなきゃなあ。