30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

【書評】リクルートという幻想 を読んで

 

 最近上場が決まったということで世間をちょっとにぎわせたリクルート

 

タイミング的にもバッチリだったので、つい本屋でジャケ買いしてしまいました。

 

この常見さんて人は、意外と有名な客論なんですね。

 

作者自身も元リクルートということなので、そういったフィルターがかかっている(つまりはLOVEリクルート)と言う前提で読み進める必要はありますが、なかなか上手くリクルートの現状を捉えている本だとも思いました。

 

てか、世間の人のリクルートという会社に対する期待と実情は大きく異なっており、もはやリクルートもいわゆる大企業の一員なんだよなーと思ってしまいました。

 

基本的には内輪向けの本だなという印象。

 

それほどまでに市場にインパクトを与えないという点でも、リクルートという会社と同じだなと思いました。ちなみに僕のリクルートへの印象は「昭和のベンチャー」です。