読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

理系も良かったかなあ、、、数学の話が面白くなってきた今日この頃

 

この本が面白すぎなのでブログでご紹介。

 

数学にあまり縁のない文系出身の人を対象として、数学の奥深さを分かりやすく解説した本。

 

こういった類書は数多くあるけれど、これは比較的分かりやすくまとまった本だと思います(まあ、他の本をちゃんと読んだことは無いけれど)。

 

僕も大学は文系に進んだから、数学は受験のとき以来勉強していません。

 

つっても別に数字アレルギーってわけじゃなくて、単に文系の勉強の方が面白そうって思ったから文系に進んだだけ何だけれど。。。。

 

だから、こういう本を読むとちょっと後悔するんだよね。あのとき理系に進んでおけば良かったと。

 

まあ、過ぎ去ったときを後悔しても何も始まらないし、今の人生は今の選択をしなければ味わえなかったわけだから、それはそれでいいんだけどね。とはいえ、この本は本当に面白いです。

 

数学の本質を学べるかというと、そこまでの深みは無いけれど、単に受験科目としての数学以上の知的好奇心は得ることができます。てか、今まさに得ています。

 

数学ってとても重要なものなんだなーと思い知らさせます。普段何気なく行っている決断にも、数学的思考が隠されていたりして驚きです。あと、テクノロジーの進化は、数学の進化と切っても切りはなせないものだと気付くこともできます。何にせよ、とても面白く読むことができるので、とてもおすすめの本です。

 

途中途中で挟まれる漫画もなかなか続きが気になって面白いですよん。