読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

【仕事の気付き】しがない事務員が残業を減らす為に取り組むべき戦略について その1.

仕事の気付き

さて、ブログタイトル変更に伴い(まだ正式タイトル決まらず)、徐々に新しいエントリも増やしていきたいと思います。大事なことなんだけど、どこのビジネス書にも載っていない仕事を進める上での勘所、みたいなものを共有できたら良いなあと考えています。

 

バリバリと高度な仕事をこなして、年収何千万も稼いでいるような人にとっては、当たり前すぎて全然価値はないかもだけど、僕のように「なんか上手くいかないんだよなあ」と悶々としてる人たちにとって「ああ、なるほど!」と思ってもらい、さらに言えば次の日から実践してもらえたら嬉しいです。

 

さて仕事というのは、たとえそれがどんなに孤独なものであろうとも、基本的には自分一人で完結しません。

 

当たり前と言えば当たり前のことです。小説家や漫画家なんかは違うんじゃないって言う人もいるかもしれないけど、彼らだって自分の作品を読んでくれる読者がいるから食べていけるわけで、そもそもその作品を多くの人に届ける為には、出版社という媒体が必要だし、自分の作品を受け取ってくれて、時により良いものに仕上げてくれる編集者という存在が必要です。

 

ブロガーだって、読者の存在があってこその職業だし、そもそもブログというツールは、そのサービスを提供してくれている会社があって初めて利用できるものです。それ以前にインターネットというインフラが無いとね。

 

ましてや僕らのような普通のサラリーマンにとって、仕事というのは嫌でも色んな人と関わる必要がある。プライベートだったら絶対に仲良くなれない人ともコミュニケーションしなきゃいけない。

 

で、そんな中で僕らのような事務員が、スムーズに仕事を進める上で頭に入れておくべき最も基本的な大原則があります。それは、「日々のちょっとした依頼は断らずになるべく受けること」です。

 

何を当たり前のことを?と思う方がほとんどだと思いますが、意外とできていないのがこれ。そして「いや、そんなの当たり前だし、断るとかありえんでしょ?」と思っている方も、なんでそれが重要で、それが一体自分に取ってどういうメリットがあるのか?まで考えて実行している人は、案外少ないんじゃないかな?と思います。

 

「メリット?そんなものねーよ!仕事だから、嫌だけどやるしか無いでしょ?断ったら後でこっぴどくしかられるし」

 

おっしゃる通りです。

 

例えば営業の人からの「あのデータ、いついつまでにまとめておいてくれる?」だとか「ごめん、これ何部コピーしといて」だとか「この書類、○○社の担当者に送っといて。住所はメールしとくから」というような依頼は、一般事務や営業事務の人にとっては日常茶飯事だと思います。正直うんざりしますよね?僕もうんざりします。

 

だって自分だって暇じゃないし、やらなきゃいけない仕事は山盛りです。恐らくこの手の仕事は、何となく事務員がやるものと言う風潮があるだけで、絶対やらなければならないしごとではありません。だから、心臓に毛が生えているような人は、断って自分の仕事だけを粛々とこなすという判断もできると思います。でも結論を言えば、この手の仕事はできるだけ引き受けた方が、巡り巡って自分の為になります。

 

トータルでみると、残業も減るんじゃないかな?と考えています。というか、僕は自分の残業時間を減らすことに成功しました。でも、単に仕事を引き受けてるだけじゃあ、もちろん残業時間は減りません。そこには戦略が必要になります。

 

その戦略とは一体どういうものか? 

それを説明する為には、前述した「日々のちょっとした依頼は断らずになるべく受けること」で蓄えることができる、あるモノを知る必要があります。それをたくさん貯めることで、この戦略ははじめて使うことができるのです。

 

では、その蓄えられるものとはなにか?

 

それはまた次回のブログで書き記しましょう。