読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

【仕事の気付き】一般事務員の憂うつ。専門部署と営業部隊が対立したら、どっちにつくべきか?

仕事の気付き 働き方

前回のブログでは、事務員と言っても大きく分けて2種類に分類できることを説明しました。

 

簡単におさらいすると、

  1. 経理部、人事部、総務部、経営企画部、などの専門部門で働く専門知識を有するプロフェッショナル集団としての事務員。
  2. 営業部に所属する、専門知識は特になく、ホスピタリティやミスの無い作業が重要視される一般事務員、庶務、営業事務といった事務員。

そして、ぼくは2の一般事務員に所属しており、今回のブログエントリの主役となるのも、2の方の事務員である。

 

■ぼくらの仕事は生産部門と非生産部門の橋渡し

さて、ぼくら一般事務員は、基本的には営業部に所属しており、その主なミッションは営業マンのサポートであると前回説明した。しかし、その仕事内容は事務的なものであり、必然的に1に所属するプロフェッショナルな事務員たちとも頻繁にやり取りが生じる。

 

両方の部署と関わるため、必然的にその橋渡し的な業務も、ぼくら一般事務員の大切な仕事である。普段はそれほど大変な業務じゃないけど、ときに非常に面倒くさい業務になることがある。

 

それはどういうときか?

 

そう、専門部門主体でそれまでの会社の制度が変更されるときだ。

 

■ある日突然、会社の制度が変わった!そして生まれる不毛な対立。。。

その変更は、ある日突然何の前触れも無く行われる。

例えば、交通費精算の申請方法が紙の書類からネットにかわるだとか、交際接待費の承認を得る為のフローがかわるだとか、PC内の社内システムがかわるから、1台1台PCの設定の変更をしなきゃならないだとかといったことだ。

 

この変更を、営業マンたちは非常に嫌がる。なぜなら彼らのミッションはお金を稼いでくることであり、それ以外の種々の雑務に時間が取られることを非常に嫌うからだ。

 

何の説明も無く、いきなり今までのやり方の変更を迫る杓子定規で面倒くさいプロフェッショナル事務員たち。いつまでたっても言われたことをやらず、子どもっぽくて自分勝手なプロフェッショナル営業マンたち。

 

まあ、対立しますよね。

 

■ぼくたちは、どっちの味方をするべきか?

そして、その対立の間に入って悩まされるのは、決まってぼくたち一般事務員だ。

 

さて、ここで問題になるのは、そんなときにぼくたちはどっちの味方につくべきか?といったことだ。

 

結論から言えば、ぼくたちも事務員なのだから、プロフェッショナル事務員の側につくべきである。

 

営業マンを上手く説得・誘導し、事務員たちのミッションを完遂させるために奔走しよう。

 

なぜならぼくたち事務員は、会社を上手に運営するのが大きなミッションだからだ。

そのミッションの中に、ぼくら一般事務員の仕事も含まれている。営業マンがより生産性高く働ける環境を作ることは、とても大切な仕事だ。

 

まあ、そのミッションとぼくのやりたいことが一致しているのか?と言われると違うよなーとも思うわけだが、そこは今回の主題とは関係ないので忘れよう。

 

ここで一番言いたいことは、自分がどう動けば良いのか迷ったときは、何の為に自分は会社に雇われたのか?を思い出して、その役割を果たす為の道を選ぼうということだ。

 

さて次は、そもそもなぜそんな対立を生むような制度の変更を、専門部署は行うのだろうか?といった点をみてみよう。