読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

【仕事の気付き】結局、好き嫌いが重要なんだよな、ということ

仕事の気付き

昨日書いたエントリが、プチバズってしまいました。

lorenzo9241.hatenablog.com

 

藤沢所長にリツイートされたのと、図などをふんだんに使い、頑張ってエントリを書いたことが上手く融合して起きた、たなぼた的な出来事だったのでしょう。

それにしても、月間数十万〜数百万PVをたたき出すブロガーの方たちは、一日でこの10倍以上のPVを定常的に稼ぎだすわけですから、本当にスゴい人たちなんですね。

ぼくは一日のPVが1,000を超えることなんてほとんどないので(多分今年3回目くらい?)、そのスゴさを改めて実感します。こんなにたくさんTwitterでお気に入り登録されたのは、初めてかも知れません。Twitterってすごいですね。

いやね、ブログでPV稼ぐことの難しさを実感したい人は、ブログをはじめてみるといいよ。本当に難しいから。

 

さて、今日は真面目な内容でブログを書きましょう。

 

仕事に私情を挟んではいけない、というのは、大人の方なら誰しもが肝に銘じて、当たり前に実行していることだろう。でも、本当にそうだろうか?

ぼくは、どう頑張っても相手のことが好きか嫌いかで、仕事のパフォーマンスに影響が出てしまう。

 

人間として好きな人に対してはとても気を使うし、その人の為に精一杯仕事をしたいと思う。そして現に、その人の為には、精一杯仕事を行う。だから、そういう人からのぼくの評価は、とても高いものになる。何たって、その人の為にちゃんと頑張るから。そして、ちゃんと頑張れば、ぼくはそこそこできる人だ。

 

でも、嫌いだったり、苦手だなと思う人に対しては、そこまで頑張らない。

頑張らないというか、頑張ることができない。

ちょっと気を使ってあげれば防げたであろう気遣いもしないし、積極的にコミュニケーションを取ることもしない。だから、そういう人たちからすると、ぼくは気の利かない、ダメな一般事務員だ。

 

まあ、本当は仕事なんだから、個人的な好き嫌いという感情に流されること無く、全員に平等に自分のパフォーマンスを発揮するのが大人ってものなんだけど、なんつーか、それができないんだよな。

 

ぶっちゃけ、どっちにしても自分の給料変わらないしね。

 

人間だから、好き嫌いはどうしたって出てくる。そこは仕方ないし、だったら周囲の評価なんて気にしないで、自分のストレスのない生き方を選択するのが、正しい生き方なのではないかなーと思う今日この頃でした。

 

おしまい。

嫌われる勇気

嫌われる勇気