読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

【仕事の気付き】相手がどんなインセンに動かされるのか?を考えることが重要

恐らくブログカテゴリに「一般事務員」があれば、恐らく日本で一番読まれているブログだろうと、、、いや、10本の指に入る、、、多分、ベスト100には入るよね!

 

会社で働くにあたって、自身の仕事の優先順位をつけることは、重要なタスクだ。

でも、この優先順位というのが厄介でもある。

 

なぜなら、その人が会社に期待されている役割によって、優先的に取り組む業務が変わってくるからだ。

 

例えば、営業マンにとって、自身の評価は何よりも売上を上げることだ。

必然的に、売上に繋がる業務の優先順位が高まる。

そうすると、煩雑な書類業務はなおざりになるし、面倒なルーティンはどうしても後回しになる。

一方、社内で仕事している人間、例えば総務部だったり、システム部だったり、マーケティング部だったり、そうそう、しがない一般事務員のあんちえいじゃーだったりにとっては、いかに正確に、無駄なくミスのない業務を行うことが、自身の評価に繋がる。

大規模なコスト削減ができたら、それだけで出世ものですよ。だから、時たま変な業務改革が行われ、会社内に大きな混乱を呼び起こすのだが。。。

 

その辺のことは、いつかまた。

 

そう、だからいつまでたってもフロントオフィス(営業部隊)とバックオフィス、ミドルオフィス(システム部門や、経理総務、そして、あんちえいじゃー)は分かり合えないのである。

 

面倒くさいなー。

 

まあだから、自分と評価基準が違う人たちと合意を得ようとしたら、相手はどういう評価基準で会社に評価されてるのか?ってのを考えるのが重要だと思う。

 

どうすれば嫌な顔をされずに、相手に自分の要求を飲んでもらうことが出来るのか?を考えて、提案する。これってつまり、ちきりん女史の言う、インセンティブを理解することに他ならない。

 

営業マンに社内の書類をきちんと書かせたかったら、自尊心を満たすような表彰制度を作る。そしていくばくかのお金を。

 

経理部門総務部門の士気を上げたかったら、何か明確な数値目標を持たせる。そして、それを昇級の基準に盛り込む。

 

そういった、相手のモチベーションがどうやったら上がるのか?を考えた試作を打てれば、組織運営ももっと上手くいくのかもね、なんてことを最近よく思うあんちえいじゃーでした。

 

おしまい。