30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

頑張りを強要する人が、苦手

あんまり他人に興味が無いから、人の好き嫌いはそんなに無いんだけど、得意不得意は結構あります。

つーか、人見知りだから、他人と関わること自体が余り得意ではないのですが。

で、どんな人が苦手なのかというと、「自分と同じ頑張りを他人に強要する人」。

 

自分はこんなに頑張ったんだから、あなたも当然頑張れるよ、という人です。

 

バリキャリ系に多いイメージがあります。

こういう人たちは、苦労している自分が大好きです。忙しい自分が大好きです。

口癖は「忙しい」「時間がない」です。

そして、常にスケジュールがぎっしり詰まっている自分に酔っています。

そして、ちょっとでも暇そうな人や、頑張っていない人が大嫌いです。

ぼくは、その手の人が大の苦手だ。

何が苦手って?それは他人に対しても「頑張ること」を強要してくるところです。「私はこんなに辛い状況だった。でも、頑張って努力して乗り越えた。だから、あなたもできるはずだ」という奴ですね。

最初に断っておくと、僕は僕であり、あなたではない、ということです。

 

当たり前ですね。

 

あなたは頑張れたかもしれないけど、ぼくはとても頑張れません。

 

ちょっと考えれば分かる当たり前のことだけど、世の中にはそれが分からない人がいるのです。

 

そして、そういう人は確かにものすごく努力家である。苛烈な競争に身を投じることが、大好きでしょうがないのである。

でも、世の中競争が大好きな人ばかりではない。例えば僕。僕は、自分の命を削ってまで、誰かと少ない椅子を競うようような真似は絶対にしたくない。

だから、僕は極力そういう人とは関わらないようにしている。

自分と他人は違う。

当たり前のことなんだけどね。