30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

30を過ぎ、未だに一般事務(書類整理、エクセルへのデータ入力など)の仕事しか経験したことないけど、人生何とかなるもんだ、的なブログ。

毎日飲んでいる500mlの缶酎ハイを、350mlにしてみよう

だいぶ間が空きましたが、前回の続きです。

さて、人生を好転させる方法は、行動を変えることだと書きました。

具体的にはどういうことでしょうか?

例えばあなたが、仕事帰りにお家で一人お酒を飲むのが習慣だったとしましょう。

500mlのやっすい缶酎ハイです。

それ1本と、スーパーの半額シールが貼ってある焼き鳥をむしゃむしゃ食べながら、TVのくだらないバラエティを見たり、ネットサーフィンをしているうちにウトウトしてきて、歯を磨いて、お風呂に入って、ネット上にあふれるエッチな動画で自分をみがいて「あ〜明日会社いきたくねえ」と思って一人さみしく布団に入る。

まるでどこかの私みたいですね。

何も生み出さず、ただただ自身が時間を切り売りして稼いだお金を浪費使う日々。

ここでの最大の問題は、500mlの缶酎ハイです。

お酒を飲むと、味の濃いツマミが欲しくなります。

味の濃いツマミは、脂や塩分を豊富に含んでおり、豊かな腹回りの脂肪になります。

そして、お酒を飲むと頭がぼーっとして、何も考えられなくなります。そしてすぐ眠くなります。つまみを食べて、ぼーっとして、すぐ寝る。故に脂肪が増える。

さらに何も考えられないから、どんどん頭が退化していきます。

日々体も頭も衰えていき、気がついたときには、何もできないでくのぼうになってしまい、人生を詰んでしまいます。悲劇、いや、喜劇ですね。

繰り返しますが、諸悪の根源は500mlの缶酎ハイです。

ここで、日々の行動を変えましょう。

500mlの缶酎ハイを、350mlの缶酎ハイに変えるのです。

本当はお酒を買うのをやめるのが一番だけど、まあなかなかそれも難しいでしょう。

そうするとどうなるか?

アルコール150ml分のカロリー摂取量が、減ります。その分、確実にお腹周りの脂肪の増加量が減ります。

お金の消費量も減ります。日々30円の差かもしれませんが、10日間で300円。100日間で3,000円。1年では1万円近くの節約になります。1万円あれば、本が7,8冊買えます。

また、脳が500mlのアルコールを摂取していたときより働くようになるので、その分何か生産的なことに時間を使うことができるようになります。本を読むもよし、ブログを書くもよし、著名人にDMを送り、面会を申し込むのもいいでしょう。

「あれ?酒飲まないほうが人生充実してね?」と気づくことができます。

そしてゆくゆくは350mlのお酒をもやめることができるようになるのです。

まだぼくも350mlの段階なのですが、確実に人生が好転したように思います。

副業にも手を付けられるようになったしね。

別にコミュニケーション能力が劇的に上がったわけでもないし、年収が倍になったわけでもない。でも、毎日の行動が変わりました。そして、それが人生を変える上ではいちばん大切なことなのです。

今、なんか時間がなくて、やりたいことができないな?と思っている人は、一度普段の生活習慣を見直してみましょう。きっとそこには、惰性で続けている、自分の時間を蝕んでいる何かがきっとあるはずです。一気にやめるのは難しくても、少しずつ、たとえばそれに費やす時間や量、お金を3割減らしてみましょう。

きっと今までとは違った景色が見えてくるはずです。

そして、それによって変わった生活習慣が、あなたの能力を自然と引き伸ばしてくれるのです。

人生を変えたいと思ったら、能力の向上を目指すのではなく、日々の行動や習慣を変えましょう。

おしまい。

 

下記の本は、このエントリを書くきっかけになった一冊。

まあ大したこと書いてないだろうと読まず嫌いだったけど、人生を変えるコツが書いてあります。